馬場優士フェイスブック 情報商材の販売者や塾の首謀者が嘘を作る理由とは?

佐藤です。

 

上記の表題の質問について理由が分かる人居ますか?

「俺は凄いんだぞ」とハッタリを並べる理由は、
まさに情弱層から金を巻き上げたい一心だからなんですね。

 

よく高額塾を販売する人間の9割は嘘と捏造ばかりです。

自分で稼ぐスキルも知識もnも無い癖に、フル演技で
役者を気取ろうとするんですね。

以前に少し触れたこの馬場優士さんもその一人なんでしょう。

 

馬場優士

 

ちょうど2013年は健気に高額塾に参加する姿が
見られていたようです。

与沢翼が主催していたIBS
そんな場所でも彼の姿がFacebookでは、見られたんですね。

 

必死で稼ぎたかった人間が、VAPと言うツールで
アドセンスで稼いでセレブになったとか。

 

チャンチャラおかしいストーリーなんです。

 

高いから駄目じゃなくて普通にダメなものは、ダメなんです。

 

どれだけ演技をしてもね…ボロは出るんです。

ただ初心者だとそういう事も分からない。

あのツールで作ったサイトを見れば一目瞭然なんですよ。

こちらでも書きましたね。⇒馬場優士の嘘とYouTube動画を自動収集!自動サイト生成!【全自動メディアシステムVAP】

馬場優士評判とコンテンツの評価「馬場式フルオート型アフィリエイトスクール」は危ないのか?

 

これらを見れば、あのアドセンス報酬はおかしいんです。

少なくともあの数字は、普通に強いサイトなどを作ってあげている数字にしか
見えないんです。

検索からのアクセスが殆ど見込めないサイトにあのようなアクセスがある時点でおかしいという事。

 

既にアドセンスをされている人なら分かる筈です。

口をそろえて「あり得る筈がない」と私の友人は笑っていましたからね。

 

嘘をついてでも売りたい理由

 

しかしこの大半これらの嘘はプロモーターと言われる人物が
用意してくる事が多いんですね。

つまりモデルだけを探して、塾の首謀者に仕立て上げるんです。

 

言葉がうまくて最低限の基礎知識を理解していて
尚且つ、自分がコントロールできる人物。

 

そういった人物でなければ、途中で炎上する可能性や
裏切りもあり得るので、慎重に選ぶ必要があるんです。

そこで登場したのが馬場優士さん。

プロモ―ターは、とにかく売りたい一心なので多少の無理もさせて
そして売り切った後は「さようなら」こんな美味い商売はありませんからね。

 

ただ祭り上げられた方は、本当に初心者同然で実績もないし
教える器もない。今回のセールスページでは、感動めいた事も
見受けられますが、馬場優士の言葉からは到底作れない産物です。

馬場優士さんも普段は、あんな喋り方もしないのに無理をしている動画は
かなり面白かったです。

ただ、入った側からすれば、ツールも2万円でリースしていたものだし
おまけに作られたサイトも検索エンジンには弱いし、
レター上の実績さえも「?」と素人でも疑いそうなレベルなんですから
流石に焦る筈です。

 

おまけに全国一斉公開などと嘘までついて煽りしていた事実も
既にWEB上で炎上しているわけですから、本当にどうしようもないですね。

 

ただ僕の読者さんには、こういったインチキコンテンツには、騙されて欲しくないのです。

 

常に意識して欲しい事は、販売者は商品を売りたいという事、
消費者はそのノウハウ稼ぎたいという事で、常に消費者が振り回されるんです。

 

売れる為のセールスページであって
貴方を稼がせるセールスページやコンテンツでは無いという事。

もちろん厳密に言えば

だからこそ自分で目標や目的を定めてから、必要な情報だけを取り入れていく。

そんな流れで一度考えてみて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人佐藤和正


佐藤です。

誰でもできるネットビジネスで生計を立てて生活をしています。


いつでも質問とか相談あれば声かけてくださいね。

佐藤のプロフィールを読む

佐藤への質問はこちら

佐藤のメルマガをこちら

このページの先頭へ