ネットビジネス【アフィリエイト】は危険で稼ぐ事ができないのか?

佐藤です。

本日は、よく頂く質問の中でよくあるケースを少し紹介します。

 

「ネットビジネスは詐欺なのか」

「情報商材って詐欺ばかりでしょ」

「アフィリエイト初心者は稼げないのか」 などなど

こういった声を頂く事があるのですが この原因と言うのは
やっぱりネットの情報なんですよね。

 

ネットビジネスは本当に稼げないのか?

 

僕もそうですが、僕の周りでは、大体、月間30万~500万くらい稼いでる人が
大半を占めていますが「稼げない」というのは、間違いだと思います。

そして危険という事もない。

 

ただ、うまくできない人からすれば、詐欺とかインチキだと思うと思います。

 

でも同じノウハウを購入しても稼げない人がいるのはなぜか?

結論から言うと、今の業界の殆どが情報販売は、自分が稼ぐ為に作り、そして売るわけです。

つまり、「ただ自分の利益のみの為に作られた物」を選んでしまうと
結果が出せないケースが多いわけです。

 

どういう事かと言うと謳い文句や帳尻合わせの為に適当に作ったような教材です。

酷い物で言うと無料レポートスタンドで転がっているネタを ほぼそのままの状態で
基盤にして作っているものも見た事があります。

こういうものが一概に全て稼げないとは、言いませんが
そういう事実を知るとか、購入後の販売者の対応が悪すぎるものとかだと
途中でやる気が消失してしまったりするケースは多いですね。

 

これらは販売者やノウハウそのものに問題がある場合の話ですが

ただ、そういうケースだけが全てでもありません。

 

なぜ「ネットビジネス(アフィリエイト)は、稼げない」という声がでるのか?

 

例えば一度でも嫌な思いをしてしまうと、
アフィリエイトやネットビジネスは危ないのでは?

とか

ネットビジネスは詐欺なのでは、ないか?

というようにネガティブな感情がでてきてしまい今度は
モチベーションの低下に繋がってしまうのです。

こうなると、やる気も消失するだけでなく100%の力を発揮する事すらできなくなってしまうというケース。

この事例で言うと、いかなる理由においても「結果を出すのに十分な力を出していない」
とも言い換えられるのです。

 

僕から言わせると、自分の意思が固まっていれば
過去の経験や知識もどんどんプラスに置き換えて自分自身が100%の力を
打ち出せるような 意識と環境作りを第一に考えます。

ここで初めてフルで力を出し切れるのでパワーが出せるのです。

 

中には、先程も伝えたように中身の薄い教材。

例えば、何年も昔の手法で今は使えないようなものもあるのは事実ですが、
基礎などが理解できてないので、作業労力が付いていけないとか
日々、仕事が忙しくてなかなか作業ができない…などが原因で、
作業そのものがしっかりできてない、というのが目につきますね。

 

「ネットなんか稼げないしインチキだ」と言ってる人の多くは
必要な事を必要なだけやっていないという事です。

 

しかし、これを追及していくと、

「楽して稼げるような謳い文句のセールスページ」あるいは、
それに準じるような表現をした販売ページがあるので、ついつい、楽なイメージを
持って飛び込んでくるのが原因だったりするわけす。

 

確かに情報商材のノウハウを実践して頑張れば

月収100万の不労所得

1日1時間で日給5万以上

毎日仕事しないでも毎月100万

こんな怪しいキャッチフレーズを現実にする事も可能です。

しかし、その為には、それ相応の努力が必須だという事です。

 

情報商材のセールスページは売る為のものであり
消費者視点ではなく 販売者視点です。

 

誰もが書かれている作業と時間で同じ額を稼ぐのは不可能です。

 

しかし、それ以上の努力を考慮して取り組んでいけば
必ず、成果を出せるようにしていけるはずです。

 

決してインチキではないし、真剣に取り組めば
人生が大きく変える事ができる程のお金を掴み取る事が可能です。

これは、僕自身も体験してきた事だから間違いありません。

 

正しい知識をもって取り組めば本当に、これほど美味しい仕事はないと
言える業界ですので、ネットビジネスは危ない…なんて情報に汚染され、
選択肢を減らさずに 前向きに取り組んで頂ければと思います。

 

佐藤が推薦する情報コンテンツはこちら

 

それでは、今日はこの辺で。

佐藤でした。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人佐藤和正


佐藤です。

誰でもできるネットビジネスで生計を立てて生活をしています。


いつでも質問とか相談あれば声かけてくださいね。

佐藤のプロフィールを読む

佐藤への質問はこちら

佐藤のメルマガをこちら

このページの先頭へ