情報商材のセールスページの正しい作り方

佐藤です。

本日は少し情報商材のセールスページについて
触れてみようと思います。

 

情報商材の販売者として、どうすれば売れるのか?と言う事で
情報商材のセールスページでは、まずはコピーライティングが重要だと認識している人が多いと思うのですよね。

 

でも、コピーが全て…というのは、勿論ですが、
その前に大事なのが、ターゲット層の設定です。

 

「誰に向けた商品なのか」ここが何よりも一番重要な部分なのです。

 

情報商材のセールスページの考え方

情報商材セールスページ

例えば、こちらのレビューの商品を見て欲しいのですが
アメブロATMシステムのレビュー ここを見てもわかるのですが
1つ言うと、モロに情弱層を対象にして、簡単に稼げるというのを目一杯アピールしているのが、よく分かります。

 

ただ、僕もこのツールは確認したのですが、やっぱり、楽して稼げるを主張して一時的な利益を狙うよりも、長期的な売り上げを
図って計算する方が賢いわけです。

まず、どういうセールスページだろうと商品が同じだとすれば、
その商品を違うものかのように説明して売るのか、
それともその商品の魅力を伝えて元のイメージを伝えて売るのかと
言うところですね。

僕の考えは、ちゃんと、ツールを理解して正しく使える人に
販売する方が賢いと思うのです。

 

これは、消費者側にしても販売者側にしても。

 

あたかも楽して稼げますとか言って販売して一時的な利益を
稼ごうとしても一時的な利益で確実に急降下していくわけです。

これを考えると長期的に売れる為に、価値の分かる人にだけ
購入して貰えるように考える事の方が信用も落とすことも無く
長く売り続ける事ができるのです。

 

なぜ高額塾は、炎上し易いのか?

 

よくここ最近、高額塾系が炎上しているのを見かけますが
あれって言うのは、派手で、簡単さをアピールしたものが
殆どなんですよね。

あーいうページに期待を抱いてる人も居るのですが、
そもそも、そんな楽して稼げる裏技なんて存在しません。

つまり、期待しても期待を裏切られるので、結局そこで問題になるんです。

詐欺だの悪質だのって叩かれたり、次から次に返金したいとか、
まあ、ぐちゃぐちゃになるケースも多発しています。

これって言うのは意識の低い人。つまり「楽をして稼げる」を
意識して入ってきて、業界にすら存在ないものを最初から期待しているので
何を渡そうとも 満足する筈がないわけです。

そういう人ばかりを集めるから、今度は自分の信用や商品の信用も
失う結果に陥るのです。

 

でもね、ちゃんとターゲット層を絞り込んで
簡単さを謳う事なく、「真面目に必至にやらないと稼げない」と言う事を
しっかり打ち出していれば、変な属性の人は入ってこないし
意識の高い人が集まるので、結果としては炎上もせず、一定の
信頼も得る事ができるし、長い間、売り続けていく事ができるという事です。

 

セールスページで商品を本来、手にして価値が分かる人だけに購入して欲しいならば、やっぱりそこで「楽ばかり追う人」を 排除していく
必要があるのです。

 

何でもかんでも売れれば良いや~じゃダメなんです。

 

数も大事だけど、購入してくれる人も大事だという事ですね。

また、セールスページを見る人も、元々、

誰でも起動だけで稼げるツール…、それに近い物も無いという事です。

 

この辺は、本当に頭に入れておいて貰えると良いと思います。

それでは佐藤でした。

 

佐藤のメールマガジンはこちら

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人佐藤和正


佐藤です。

誰でもできるネットビジネスで生計を立てて生活をしています。


いつでも質問とか相談あれば声かけてくださいね。

佐藤のプロフィールを読む

佐藤への質問はこちら

佐藤のメルマガをこちら

このページの先頭へ